よりみち写真館

好きな被写体は美味しいごはん。写真が趣味のアラサーOL。ブログは旅とグルメに時々読書の記録。

プラーター遊園地とカフェモーツァルト

気軽に楽しめるプラーター遊園地をぶらり

m1smile10often.hatenablog.com

フンデルトヴァッサーハウスから少し歩いて、ウィーン市内にあるプラーター遊園地に行ってきました。

入場料は無料で、それぞれのアトラクションごとにチケットを買う方式。

19世紀末に開園したとかで、遊園地は素朴な感じでしたが、小さい家族連れが各々アトラクションやおみやげ屋さんを楽しんでいました。

www.tripadvisor.jp

プラーター遊園地

遊園地の中を走るミニトロッコみたいな乗り物。

この日は誰も乗っていなかった笑

プラーター遊園地

マダム・タッソー館!

実はまだ一度も行ったことがありません。

ウィーンでも目の前まで行って入りませんでした笑

 

プラーター遊園地

ここでもミニオンは人気なのかな?

風船が売っていました!

 

肝心の写真がないのですが、プラーター遊園地には1897年製の大観覧車があって、それだけ乗りました。

日本である2〜3人で座って乗るタイプの観覧車ではなく、1台12人で立って乗るタイプのもの。一応真ん中にベンチはあるのですが、せっかく乗るなら外の景色を楽しみたい!と思って、1周ずっと立ったまま乗っていました。

この日は生憎の曇りだったけど、晴れていたら観覧車から見えるウィーンの景色は素敵なんだろうなぁ。

地味に観覧車好きで、日本でも遊園地行くと必ず乗っているし、イギリスのロンドン・アイも2時間並んで乗ったな笑

クラシカルなカフェで一休み

www.tripadvisor.jp

プラーター遊園地を楽しんで、中心地に戻ってきました。

市内を散策中に前を何度も通り過ぎたCAFE MOZARTで遅めのランチ。

私自身は見たことないけれど、映画第三の男に登場したお店だそう。

Cafe Mozart

海外に行くとテラス席で食事を楽しんでいる人の多さにいつもびっくり。

このカフェもテラス席はほぼ満席でした。

日本とは気候が違うから、テラスでも日差しや暑さを気にせず楽しめるのかな。

私はテラス席だとそわそわしてしまうため、ついつい店内に入っちゃう。

Cafe Mozart

ランチはビッグサイズのハンバーガーにしました!

お肉がジューシーで美味しかった〜。

付け合わせのポテトも極太で食べ応えが。

普段はがぶりとかぶりつくハンバーガーをナイフとフォークで食べやすいサイズに切り分けながらいただきました。

これは間違い無く美味しい!

ウィーンの外食は失敗続きだったので、美味しいランチが食べられて満足満足。

 

CAFE MOZARTではモーツァルトトルテが有名と聞いていたため、食後のおやつにオーダー。

チョコムースがサンドされていて、軽い食感です。

Cafe Mozart

ドリンクは引き続き、メランジェ。

もこもこミルクが懐かしい...。

Cafe Mozart

 

ウィーン市内は老舗のクラシカルなカフェがたくさんあって、たったの5泊では回りきれないほど。

それだけ、市民の暮らしとカフェが密接ということなのかな。

どのカフェもケーキが美味しくて、甘いもの好きにはたまらない。

私がウィーンで暮らしたら、ケーキとパンの食べ過ぎで太ること間違いなし。

 

そんなウィーンの振り返りブログもあと1つでようやく書き終わりそう。

3月からゆるゆる書き始めて、すでに6月だからどれだけ時間かかってるの!ってツッコミを入れたくなる。

ウィーンについてを書き終わったら、次はゴールデンウィークに行ったウラジオストクについて書こうと思っています。

その間にも旅行と関係ないことも含みながら更新すると思うので、のんびりお付き合いいただければ幸いです!

 

 

街中に突如現れるフンデルトヴァッサーハウスへ

個性的な建築フンデルトヴァッサーハウスへ

絵本に出てきそうなとてもカラフルで、普通の建物とは一線を画すフンデルトヴァッサーハウス。

路面電車1番に乗って、Herzgaseというところで降りて、少し歩くと突如出現します。

一瞬美術館なのかと思いきや、一般市民が暮らす公共住宅なのだそう。

だから外見が見学できるけれど、中には入れない。

う〜ん、これだけ外見が強烈なら、ぜひ建物の中も見てみたかった。

そんな風に思っていたら、ハウスの1階に小さなショップがあって、そこには建物の中まで紹介されたガイドブックが販売されていた。

外側だけが個性的な訳ではなく、建物の中もフンデルトヴァッサーの世界観で溢れているみたい!

この建物に住んでいる人々は一体どんな人なのだろう?と想像が膨らみます。

www.tripadvisor.jp

52戸の一般住居だそうで、建物はそれなりに大きいです。カメラで全体を写そうと思っても入りきらなかった...!

建物の外壁は直線がほとんどなく、不規則な区切りでパーツが構成されています。

フンダートヴァッサーハウス

そして、印象的なのが建物の柱たち。

それぞれデザインが異なっていて、見比べているだけでも面白い!

写真を見ても分かるように壁の色も場所場所によって色が異なり、統一感が全くない!

だけど、フンデルトヴァッサーの手にかかればそれが一つの建物として成立してしまうところがすごいなぁと感激しました。

フンダートヴァッサーハウス

家賃も安く、一度入居すると引越しする人もほとんどいない入居困難物件らしい。

具体的にいくらなのかは分からなかったけれど、きっと住みやすいんだろうな。

ただ、観光客が外から建物の写真をたくさん撮っているから、それは生活のストレスに感じてしまう人とかもいそう。

まさに私もその観光客の一人だし。

フンダートヴァッサーハウス

エントランスにはバナナの絵が!

この統一感のない不規則性がこの建物の魅力だな〜。

ちなみに日本の大阪市環境局の舞洲工場もフンデルトヴァッサーが手がけたらしい!

なんと日本人の奥さんがいた時期もあったみたいです。

意外なところで日本との繋がりがあって嬉しくなりました。

フンダートヴァッサーハウス

フンデルトヴァッサーハウスの向かいにはカルケヴィラージュというショッピングビレッジがあります。

 

フンデルトヴァッサーのグッズやウィーンのお土産が販売されていました。

写真に撮っていないのですが、トイレもフンデルトヴァッサー仕様になっていて、世界観を楽しめます。

 

少し歩くとフンデルトヴァッサーが設計した美術館、クンストハウスウィーンがあります。

フンデルトヴァッサーハウスよりも少しモダンなデザイン。

私は時間の関係上、中まで観れていないのですが、フンデルトヴァッサーの様々な作品が展示されているそう。

クンストハウスウィーン

フンデルトヴァッサーハウスは私が一度見ておきたくて寄ったのですが、一緒に行った旦那さんの方が感動したみたいで、行ってよかった場所の一つです。

 

m1smile10often.hatenablog.com

 

m1smile10often.hatenablog.com

 

 

実写版アラジンを観てきた話

歌と映像に圧巻された実写版アラジン

実写化されると聞いて、公開を心待ちにしていたアラジンを観てきました〜!

アラジンの音楽がすごく好きで、実写版はどんな風にアレンジされているんだろうとワクワク。

小さい頃にアニメ版を見て、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗ってホール・ニュー・ワールドを歌いながら空を散歩するシーンが大好きだった。

当時は単純に私も魔法の絨毯に乗って空を飛びたいと思っていただけかもしれないけれど笑。

実写版のシーンも臨場感といいロマンティクさといい、アニメ版の完成度を大きく上回るスケールで、やっぱり名シーンだなとしみじみ。

open.spotify.com

アラジン

実写版のアラジンで印象的だったのは、ジャスミンの人物像。

国民のことを心から思いやり、自分で国を治めて、民を守りたいという気持ち。

アニメ版よりも、より強い正義感を感じた。

そして女性だから王にはなれないと言われて、葛藤する気持ち。

状況は全く違うけど、私も仕事のことだったりで少なからずジャスミンと同じような葛藤を感じたことがある。

 

ジャスミンが映画のワンシーンで歌うSpeechlessという曲はジャスミンの内面を反映していて、繊細な部分もありつつ負けない!っていう強い気持ちを感じる曲で印象的なシーンの一つだった。

 

open.spotify.com

 

そしてもう一つ私が大好きなシーンはアラジンとジーニーの出会いの場面。

ジーニーがフレンド・ライク・ミーを歌いながら、パフォーマンスするシーンはエネルギッシュでワクワクに溢れていて、観ているこっちも思わず踊りだしそうになる。

実写版ではウィル・スミス扮するジーニーがヒップホップ風にアレンジされたフレンド・ライク・ミーを歌っていて、より現代にマッチした曲調になっていた。

そして、ミュージカルシーンの映像がダイナミックで、フレンド・ライク・ミーの世界観をより強く表していた。

 

open.spotify.com

 

実写版に関してはアニメ版よりもアラジンとジーニーの友情についての表現がさらに深く丁寧に描かれていた気がする。

アラジンを王子に変身させたジーニーが、変身させたのは見た目だけで中身は元のアラジンのままだから、ジャスミンの気を引きたいなら元のアラジンとして接しろとアドバイスしたり、王子として嘘をつき続けると話すアラジンに本気で怒ったり。

 

小さい頃にアニメ版アラジンを見て育った世代が改めてこの実写版アラジンを観ると、日々ちょっとずつ感じている課題や葛藤に対していろいろなメッセージを受け取れると思う。

ジーニーがアラジンへ伝えた自分を偽らずに本当の自分で接しろというメッセージ、ジャスミンの正義感と葛藤。登場人物同士のお互いを大切にして、尊重する姿勢。

 

やっぱりアラジンは名作だな〜と実感。

 

歌も映像も圧巻のスケールなので、観るならば映画館が断然オススメです!

今回は字幕版で見たから吹き替え版でもう一度見たいなぁ。

 

5月に食べたものあれこれ

5月に食べたものまとめ

月一恒例の食べたものまとめ!

5月は父の定年退職のお祝いで、久しぶりに家族全員が集まってごはんを食べました。

私の父も定年退職か〜。

退職と言っても再雇用でこれからも働くのだけど、父にとっては一つの節目でした。

これまで私たち家族のために一生懸命働いてくれてありがとうの気持ちを伝えました。

 

みんなでごはんを食べたレストランは有楽町の交通会館にある銀座スカイラウンジ。

tabelog.com

ごはんが美味しいことはさることながら、ここのレストランは約80分かけてフロアが1回転するのです!

だから外の景色がゆっくり変わっていく。

ごはんを食べながら、変わっていく景色を楽しめるのがとても良い気分です。

銀座スカイラウンジ

銀座スカイラウンジ

銀座スカイラウンジ
この日は3800円で3品のコース料理をいただきました。

写真の他に、パンのサービスもあります!

量としては、お腹8分目くらい。

がっつり食べたい人にはちょっと物足りないかもしれませんが、窓からの景色を楽しみながらの食事は会話も弾むし、私は大満足でした。

 

tabelog.com

私がシュークリームが好きなのは3月の食べたものまとめにも書きました笑

m1smile10often.hatenablog.com

今回食べたのは、以前マツコの知らない世界でも紹介されたお店「シャンドワゾー」のザクザクシュークリーム。

シャンドワゾー

生地の表面にはナッツがたっぷりトッピングされていて、ザクザク食感がたまりません!

そして、シュー生地の中にはたっぷりのカスタードクリームが!

コンビニとかで売っているシュークリームだと、作り立てではないことや中のカスタードクリームのせいかシュー生地がしっとりしているものが多い気がするのですが、シャンドワゾーのシュークリームはザクザクサクサク食感のシュー生地に、とろりと濃厚なカスタードクリームが合わさってかなりボリューム満点です。

埼玉県川口市にお店があって、都内の人だとアクセスはしやすいお店かな?

ちなみにこの日は食べませんでしたが、モンブランも絶品です。

秋になったら、絶対にまた食べたい〜!

 

tabelog.com

やすべえ

ラーメンやつけ麺は月一で自分に食べることを許しています笑

もともと好きなので、一人ごはんの時などはラーメンいくか!みたいな思考に陥りがちだったのですが、年を重ねるごとに食べたものが自分の脂肪となっていくことが避けられなくなり...笑

今は月一の楽しみとして、たまに食べるにとどめています。

この日は渋谷にあるやすべえで780円のつけ麺並盛りをオーダー。

やすべえのつけ麺は、麺がつるつる太麺でとても美味しい。

そしてスープも豚と魚介ベースに香ばしい醤油風味で、女性でも食べやすいと思います。

渋谷のやすべえはいつも混んでいて待たずに入れたことがないのですが、それだけみんなに人気ということですよね。

思い出しながら書いているうちにまた食べたくなってきたな。

 

www.hankyu-hotel.com

いろねこ食パン

旦那さんが大阪へ行く時にいつも買ってきて〜とお願いするのがブルージンというパン屋さんで売られているいろねこ食パン。

ねこの形をした食パンです。

私はお店に行ったことがないのですが、これはどうやって焼いているんだろう?

食パンがねこの形をしているだけで、ごはんの時間のワクワク感が2割ましになります!笑

今回はチョコレートベースでナッツが練りこんであるタイプを買ってきてもらいました。

トーストして食べると耳の部分はさっくり、生地の部分はもちもち食感!

ナッツの香ばしさが加わって、とっても美味しいです。

SNSでみんなが顔を書いてアップしているため、私もやってみましたが絵心がないことを忘れていました笑

次はいつ食べられるかな〜。

 

m1smile10often.hatenablog.com

 

映画あれこれ 名探偵ピカチュウを観てみた

名探偵ピカチュウ

私は世代的にはポケモン世代に当てはまるのだけど、自分が子供の頃にポケモンにハマったかというとアニメをちょっと見ていたくらい。

なので、本当のポケモンファンの方には怒られるかもしれませんが、Twitterで流れてきたふわふわピカチュウが気になってしまって、久しぶりに映画館まで足を伸ばして「名探偵ピカチュウ」を観てきました!

※ネタバレ含みます。

meitantei-pikachu.jp

 

前評判を見ると賛否両論だったので、過度な期待はしすぎず、可愛いピカチュウに癒されようくらいの気分で観に行きましたが、良い意味でピカチュウのキャラクター設定のギャップにやられました!

声がおじさん(声優の情報とか一切調べないで観に行った)&コーヒーが好きだなんて!

可愛い見た目のキャラクターがおっさん設定というのは、TEDとかにも通じるところがあるのかな。

あの映画もキャラクターの見た目と中身のギャップ設定がとても良かった。

 

ストーリー自体は父親を遠ざけ一匹狼だった青年が、ある事件をきっかけに新たな一歩を踏み出す王道な感じでしたが、おっさんピカチュウの可愛らしさとスピード感がある展開で気づけばポケモンワールドに惹きこまれてしまっていました。

 

実写版にありがちな原作のキャラクターイメージと異なる描写とかがなく(この映画の場合はポケモンの描写)、私が知っているポケモンたちがそのまま実際の人間と生活していて、この点も映画に違和感を抱くことなく観れたポイントかもしれません。

 

映画で描かれているのは人間とポケモンの絆。

最初は主人公のティムはピカチュウを避けていましたが、最後は自分からパートナーと呼ぶほどに。

そんな関係性をちょっと羨ましく思ったり。

 

それと、映画とは直接関係ありませんが、映画の舞台ライムシティの描写も現実の世界にあるものが描かれていて、リアルだった点が良かった。

ロンドンにあるガーキンみたいな建物が登場するシーンもあったな。

映画を見た後に調べてみたら、やっぱりロンドンの町並みを参考にしているとのこと。

でも、車の運転は右ハンドルにしていたり、ちょっと矛盾をもたせて世界観を創っていったのだとか。

 

ちなみに私がこの映画を観ようと思ったきっかけは、Twitterに流れてきたピカチュウダンスでした(笑)

本編にはダンスを踊るシーンはないのですが、可愛すぎでしょうこれは。

youtu.be

 

王道ストーリーなので、賛否が分かれるのはなんとなくわかりますが、私個人の感想としては、映画館のスクリーンで観れて良かった映画です。

吹き替え版で観たので、今度観るときは英語版でオリジナルの声を聞きたいな。 

何度も訪れたくなる小江戸川越

小江戸川越をぶらり散歩

小さい頃、週末になると父親が埼玉や東京の近場で日帰りで遊べる場所へ私と妹を連れて行ってくれていた。

川越もそれで訪れた場所の一つ。

唯一記憶に残っているのは3人でさつまいもモナカのアイスを食べたこと。

なぜかこれだけは大人になった今でも鮮明に覚えていて、川越に行くといつも思い出してしまう。

そんな思い出からか、定期的に訪れたくなり、数年おきに来ている気がする。

 

私の川越お気に入りスポットは、なんといっても川越氷川神社

縁結びの神様で有名で、訪れるといつも男女のカップルで賑わっている場所でもあります。

www.kawagoehikawa.jp

そして川越氷川神社が有名になった理由の一つに6月と7月に行われる神社の飾り付けがあると思う。

6月は風車、7月は風鈴が神社の敷地内に飾られるのです。

なんで風車と風鈴なのかというと、昔の人が「風が想いを運んでくれる」と考えていたことに由来して、風車は「目で風が見えるように」、風鈴は「耳で風を感じられるように」という想いで飾っているそうです。

なんて素敵なエピソード!

ちなみに今回私が訪れたのは5月でしたが、改元を記念して紅白の風車と風鈴が飾られていました。

川越氷川神社

川越氷川神社小江戸と呼ばれるメインの場所から少し離れているため、今回は行くか迷ったのですが、やっぱり行って良かった!

6月に入ると毎年恒例の飾りに戻るため、風車と風鈴の色も変更されるそうです。

この日は少し風があったため、風車がよく回っていました。

川越氷川神社

お参りを済ませて、神社の敷地内をふらふら。

まだ風鈴の音を聞く季節には少し早いですが、神社全体で令和に変わったことを祝福していました。

改元当日、私は日本にいなかったので、変わったことに対してあまり現実感を感じていなかったのですが、川越氷川神社に来て改めて新しい時代になったんだなぁと実感。

川越氷川神社

ちなみに神社には縁結びのおみくじの他に、一年安鯛を願ったおみくじを引くことができます。

正確には"引く"ではなく、"釣る"か!

川越氷川神社

www.koedo.or.jp

氷川神社を後にして訪れたのは菓子屋横丁。昔は飴屋さんが多い一帯だったとか。

横丁自体はこじんまりしていて、すぐに見終わってしまいますが、

私はここにあるお土産屋さんでいつも芋ようかんを買って帰ります。

あと、大きな麩菓子を売っているお店があって、毎回気になるものの購入する勇気が出ていません(笑)

菓子屋横丁

改元直後だけあって、令和の文字入りの飴も売られていました。

菓子屋横丁

www.koedo.or.jp

そしてこちらが川越のシンボル「時の鐘」。

午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回鐘が鳴るそうです。

時の鐘周辺エリアは川越観光の中心スポットなので、いつも人で賑わっています。

食べ歩きできるメニューを提供しているお店がたくさんあって、みんなアイスやおにぎり片手に小江戸めぐりを楽しんでいる模様。

時の鐘

 

www.koedo.com

最後に私が川越に来たら、つい寄ってしまうのが大正浪漫夢通りにあるシマノコーヒー大正館。

食べ歩きも大好きなのですが、川越散歩を楽しんだら最後はゆっくり座って休みたい(笑)。

ちょうどJR川越駅に戻る道の途中にあるので、ふらっと寄ってコーヒーを飲んでから帰ります。

この日はちょっと小腹が空いていたので、さつまいもチーズケーキとコーヒーをいただきました。

小腹を満たすのにちょうど良いサイズ。

シマノコーヒ

シマノコーヒー

一休みしたらてくてく歩いてJR川越駅へ。

川越氷川神社の飾り付けは変わる6月か7月にまた行こうかな。

 

登山鉄道に乗ってシュネーベルクへ

シュネーベルクの景色は忘れられない思い出

www.tripadvisor.jp

「登山鉄道で日帰りで山に行けるみたいだよ」

一緒にウィーンへ行った旦那さんからの一言。

私の旦那さんは山登りが趣味なので、興味が湧いたよう。

 

本気の登山はさすがに厳しいけど、登山鉄道で行けるならありかも?!

ということで、再びQBBに乗って、いざ出発!

シュネーベルク

この間メルクへ行った際は、ちゃんと時刻通りに来た列車が今回は待てどなかなか来ず...。終いには気づかない間にホームが変更されていて、危うく乗り遅れるところでした。

そして、これから山に行くというのに天気がイマイチ...。

シュネーベルク

シュネーベルクへ行くには電車の乗り換えが必要で、途中駅で40分くらい待ち時間がありました。

駅の外を見てみても相変わらずの曇り。

果たして天気は大丈夫なのかと心配していたところ、シュネーベルクに近くに連れて晴れてきました!

良かった〜!!

 

こちらが楽しみにしていたシュネーベルクの登山鉄道。

登山鉄道が運行しているのは4月から10月までのシーズンです。

独特なペイントを施されていますが、これはシュネーベルクの愛称であるサラマンダーの模様だそうです。

ずっと見ていると愛着が湧いてきます。

シュネーベルク

 本当に晴れて良かった。

山の景色が青空に映えます。

シュネーベルク

登山鉄道の座席は赤色。

各座席にサラマンダーの絵が描かれた座席ナンバーが。

でも、座る席は自由です。

この登山鉄道に乗ってシュネーベルクの頂上へ!

座席に座りながら、頂上までの景色を楽しめます。

頂上の標高は1800mだとか。

シュネーベルク

そして、こちらが頂上にあるホーネシュネーベルク駅です。

駅にもサラマンダーの絵が書いてある!

シュネーベルク

頂上は1時間ほどで歩けるルートがあるため、写真を撮りつつてくてく歩きます。

景色がとにかく良くて何枚も写真を撮ってしまいました。

シュネーベルク

ところどころグリーンに覆われていて、これがサラマンダーの愛称がついた由来みたいです。

シュネーベルク

山登りなんて普段はしないため、澄んだ空と山の景色に終始感動しっぱなしでした。

旦那さんについて行ったくらいの気分でしたが、行って本当に良かった!

シュネーベルク

お昼は登山鉄道の駅に隣接するレストランで食べました。

ウィーンで食べた料理の中ではこのお店が一番美味しかったかも。

写真はパンプキンスープ。

日本だとトロッと濃厚なイメージですが、こちらのはシャバシャバしていました。

味もスパイシーでパンプキン?って感じでしたが、スープとしては美味しかった(笑)

シュネーベルク

 そして失敗続きのシュニッツェル。

カラっと揚げられていて、美味しかった!

シュネーベルク

そしてなぜかチーズサンド。

外食が失敗続きで無難なメニューを選んでしまいましたが、とろとろチーズに肉感が強いハムがサンドされていて美味しくいただきました。

シュネーベルク

店内の様子。

山の上にはレストランが2件しかないため、時間帯によって運んでいるのかな。

私が寄った時間はガラガラでした。

逆に登山ルートにあったもう1件のお店は行列でとても混んでいた!

シュネーベルク

シュネーベルクは頂上まで登山鉄道に乗って向かうことができるため、普段登山をしない人でも十分楽しめます。

ウィーンの中心を巡るだけでなく、少し足を延ばして行ってみるのもアリだと思います!
頂上からの景色はとても見ごたえがあって、今でも忘れられません。

m1smile10often.hatenablog.com